作業療法学科の授業紹介

作業療法士に必要とされる身体・精神・発達に関する知識と技術を実践的に学びます

患者さんの心身の障がいを理解し、共に乗り越えるために、作業療法士は多くのことを学ぶ必要があります。身体・精神・発達など各分野における基礎知識・身体機能・精神機能の評価方法の基準やその技術の理解と習得、さらには子どもの発達の過程などを、講義や実技で実践的に学びます。

基礎分野

社会生活行為作業療法学

社会生活行為作業療法学

人間生活の営みとは人間の行う“作業”であり、“動作”“活動”“行為”そのものであり、人間の本能と深いかかわりにより表出される“言動”と考えられます。作業療法はこれら人と人との生活の営みを第一に重視し、作業療法士は人間の生活機能や障がいの構成要素とそれらの因果関係を確かめながら、生活機能障害の構成要素を理解してリハビリテーションの手段を考えます。本講義では社会生活行為(activity of social life;ASL)という人間の行動・行為を捉える理由として、作業療法がまさに行動や行為をその治療・援助手段として活用しいる点に重きを置き、学習していきます。

作業療法概論

作業療法概論

作業療法の基礎となる概念や歴史を知り、作業療法士としての資質・適性を理解するための講義です。作業療法を学習するにあたって必要とされる一般基礎知識を理解し、身体・精神・発達・高齢期の各専門領域についての概要が説明できることをめざします。授業は、講義だけでなく一部実技形式でも行います。教科書や参考書だけでなく、パワーポイントなどの視聴覚教材、および実技も用いることで、具体的で理解しやすいようにしています。

実習・演習分野

基礎作業学実習

基礎作業学実習

自分が毎日行っていることについて「作業」の視点から考えていきます。普段、自分が知っているつもりの作業について、改めて作業療法の視点で分析を行っていくと違った世界がみえてきます。本講義を機会に自分の日々の生活を作業の視点で振り返り、まずは自分自身の生活をよりよいものに変えていくことを考えることは作業療法の実践の大きなヒントにつながります。前半は、グループの中の一人のある作業を事例としてその作業について実際にインタビューをし、対象者にとっての「作業」の意味を本人とともに考え発表します。後半では身の回りの作業(身支度)や仕事生産的作業(料理・洗濯その他)、レジャー活動(革細工・陶芸・ミサンガ作り・その他)など色々な作業を実際に体験して、「作業」の形・機能について楽しく学習していきます。

身体機能評価学演習

身体機能評価学演習

基本的運動機能の評価に使用されている形態計測法や関節可動域の測定、筋力検査法などの評価法について学んだ「身体機能評価学」に基づく、評価の実践的な技術の習得を目的とした実習です。演習や実技を通して各評価法の技術を習得し、さらに習得した技術を各対象疾患の評価につなげていきます。また各対象疾患の病態に合わせた評価法も学びます。

精神機能評価学演習(専門分野)

精神機能評価学演習

精神障がい領域のリハビリテーションで用いる作業療法に関連する評価や、作業療法の評価について学習します。この授業の目的は、精神科領域での評価の項目・目的・内容・実施方法の概要を知り、その関連性について理解することです。具体的には「1.精神障がい領域における作業療法関連評価において目的に一致した評価を選択し、述べることができる」、「2.精神障がい領域における作業療法関連評価の分類を列挙しそれらの関連性、目的、方法、概要を説明できる」、「3.精神障がい領域における作業療法関連評価の情報収集・観察の具体的方法を説明できる」、「4.行動評価法の目的・手順を説明できる」、「5.質問紙法・投影法の内容・目的を説明できる」、この5点を目標としています。

発達過程作業療法学

発達過程作業療法学

健康な子どもの発達過程を教科書や視聴覚教材を使って講義します。また発達に問題を持つ子どもを捉えるために、感覚機能、運動機能、認知機能、心理機能、社会的機能を評価する評価法や検査法について説明します。また発達途上にある対象児について、生物学的視点と心理・社会的視点からの評価法や検査法を学びます。

キーワードで検索