看護学科の臨地実習

早期から継続して実習を行うことで、あらゆる領域での看護実践能力を身につけます

高齢化社会が進み、ますます医療の力が必要とされる中、看護学科では高度な看護の技術や他職種のスタッフとのコミュニケーション力を身につけた看護師を養成するために、1年次から実習科目に力をいれています。

実習・演習スケジュール

実習・演習スケジュール

臨地実習

臨地実習

看護学科では早期から実際の医療現場を体験することで知識を深め、現在の医療やそれをとりまく環境について自ら考え、対応できる医療人を育てるため、1年次から実習に取り組んでいます。

1年次、2年次の実習では看護職の実際の活動をみたり、看護の対象者とのかかわりを体験する中で、講義で学んだ看護学の知識や技術を統合し、看護職として必要な基礎的能力を身につけていきます。

3年次の後期から4年次の前期にかけて、実際の医療機関や地域の保健施設などでの実習が組まれています。実際に患者さんを受け持ち、その患者さんに応じた看護の実践課程を学び、展開していきます。また、患者さんだけでなく他職種のスタッフとのかかわりをもつことで、コミュニケーション力を高め、チーム医療の現場で即戦力となる能力を身につけていきます。

その後、実習の総まとめとして統合実習を4年次に行います。今まで行った専門分野での実習をふまえ、看護師としての意識を高めていきます。

また、本学科では保健師、助産師をめざすための課程も設置されています。

領域別臨地実習で各領域の実践能力を身につけたあと、さらに保健師・助産師の知識を深めるため、専門分野での臨地実習を行います。

キーワードで検索