医療技術学科 救急救命士コース

  • 福岡キャンパス

地域医療に貢献する「救急医療のスペシャリスト」をめざす

救急救命処置を必要とする傷病者の発生件数は年々増加傾向にあり、救急救命士は現代の医療現場において欠かせない存在となっています。病院前救護を行うことができる専門的知識と技術、冷静な判断力を身につけ、即戦力となる救急救命士を養成します。

医療技術学科 救急救命士コース Close-UP

「救急救命士とは」

「救急救命士とは」

救急現場や災害現場で活躍する『救急医療のスペシャリスト』です。「救急隊員」では行うことのできない高度な気道確保や心拍回復のための静脈路確保(点滴)と薬剤投与といった救急救命処置を医師の指示のもと行うことが可能な資格で、より高い知識やそれに基づく正確な判断力、確実に処置を行う高度な技術力が必要となります。

「実技試験を実施」

「実技試験を実施」

救急処置実習Ⅱの教育効果確認のための「実技試験」を実施しました。試験科目は心肺蘇生、バイタルサイン(呼吸、脈拍、血圧)測定、気道管理、器具を用いた異物除去、止血法、四肢固定、頸椎固定、全脊柱固定、搬送法(徒手搬送、ストレッチャーによる搬送)など多岐にわたりました。1年次後期で修得した個人技とチームプレーを大いに発揮し、好成績で合格できました。

授業紹介

カリキュラムのしくみ

臨地実習

成績評価と単位認定

教員紹介

医療技術学科救急救命士コースの教員をご紹介します。

医療技術学科のシラバス

キーワードで検索