診療放射線学科の進路・就職先状況

医療現場での就業を見据えた実践的な教育により、即戦力として活躍します

2014年度に新設された診療放射線学科では、地元医師会をはじめとする強力なネットワークを活用し、早くから医療現場での就業を見据えた実践的な技術教育が行われています。卒業後は、帝京大学附属病院をはじめ、地域の病院・医療施設のほか、医療センターなどにも活躍の場が用意されています。

卒業後の進路

主な就職先として病院、診療所などの医療機関や医療関連企業が考えられます。
※2014年新設のため、2018年3月まで卒業生はでません。

キーワードで検索