外国語学科 コリア語コースの授業紹介

単なる言語修得に留まらず、歴史・文化への総合的な理解を深めます

コリア語の文字であるハングルを修得し基礎的な文法を学ぶ授業、より高いレベルの文法知識や表現を身につける授業、書籍や新聞を読み進めるといったコリア語修得のための授業のほか、映画の脚本を用いて生きた現代韓国語の表現を身につける授業や、14世紀の朝鮮時代以降の韓国の歴史や文化を学ぶ授業など、単なる言語修得の枠を越え、歴史や「今」を多角的に学習することで、韓国・朝鮮についての総合的な理解を深めることをめざしています。

プラクティスコリア語

プラクティスコリア語

はじめてコリア語を学ぶ人を対象に、ハングル文字の書き方・読み方および基礎的な文法項目を学び、それに基づいた表現を習得していきます。その後、「読む」「書く」「聞く」「話す」能力をバランスよく高めていきます。

基礎コリア語1~4

基礎コリア語

基礎コリア語Ⅰ・Ⅲはコリア語の文字である「ハングル」の仕組みを理解し、読み方や書き方を修得し、基本的な文法事項の体系的な学習を通して、コリア語の基礎を作ることを目的としています。正しいコリア語の発音を身につけ、コリア語での簡単なコミュニケーションができるようにするとともに、韓国の歴史や文化に対する関心と理解を深めることをめざします。

基礎コリア語Ⅱ・Ⅳでは初級レベルの学習を基盤とし、より高いレベルの文法知識や表現を見につけ、読み・書き能力のレベル・アップを図ります。それに加え、聴く・話す練習を通し、言語の4つの機能をバランスよく修得することをめざします。

キーワードで検索