オルレアン大学短期語学研修について

700年の伝統を誇るオルレアン大学でフランス語研修を行うホリデー留学

フランス語の語学研修を目的とし、夏休み(8〜9月)・春休み(2〜3月)を利用してフランス/オルレアン大学へ留学する2〜3週間のプログラムです。授業・ワークショップを中心にフランス語の修得をめざしますが、宿泊はホームステイを予定しており、学校以外の日常生活全般で生きたフランス語を身につけることができます。

語学研修とは

語学研修とは

授業やワークショップを通じて、フランス語の実践的な運用能力を鍛えます。またホームステイを通じて、生きたコミュニケーションを体得し、食文化・生活文化を肌身で体験します。また週末にはパリ市内観光やモン・サン=ミッシェル見学も組み込まれており、文化・芸術遺産にふれることのできるプログラムになっています。単位認定制度もあり、2週間の研修で2単位、3週間の研修で4単位が認められます。

参加者の声

外国語学科フランス語コース 宮野 明穂さん(3年)

この留学を通して初めて海外へ行きました。ホームステイだったので、大学の授業だけでなく、家に帰ってもフランス語を話す機会があったので学習環境にとても恵まれていました。
ホームステイでは文化の違いを実感し、初めは戸惑いましたが、それと同時にお互いの国の良いところに気付きました。また、フランス人と話したり、フランス人同士の会話を聞くことで、日常的に使われている単語や表現方法など、生きたフランス語も学べました。この留学で語学習得への熱意がさらに高まったので、より一層フランス語学習に力を注いでいきたいです。

キーワードで検索