初等教育学科 こども教育コースの進路・就職先状況

卒業生の多くが保育士や幼稚園教諭として活躍しています

こども教育コースの学生の多くは、「保育士」資格と「幼稚園教諭」免許の両方を取得し、毎年、多くの卒業生が保育の現場に就職をしています。昨年は、保育所55%(内、公立保育士8%)、幼稚園29%でした。また、保育士資格を取得することで、児童福祉施設等の施設職員として働くこともできるため、昨年の卒業生の内、9%が児童養護施設・乳児院・児童発達支援センター・障害者支援施設などで活躍しています。また、こども教育コースで学んできた、保育・福祉・心理、幼児教育の知識や技術、子どもや家族に寄り添う視点を生かし、一般企業で活躍する卒業生もいます。このように、帝京大学のこども教育コースでの「自分流」の学びを生かし、さまざまな分野で活躍できる可能性が広がっています。

卒業後の進路実績

60%以上の卒業生が保育士を選んでいます。

※2016年実績

※保育士には各自治体・企業内福祉保育施設への就職者も含みます。

※教育学部は2012年4月、文学部教育学科より改編されました。実績は文学部教育学科初等教育学専攻幼児教育コースのものです。

主な進路

立川双葉幼稚園/帝京香港幼稚園/都筑ヶ丘幼稚園/三鷹双葉幼稚園/二葉くすのき保育園/児童養護施設二葉むさしが丘学園/川崎市社会福祉事業団/国立あゆみ保育園/こぶし保育園/ワコール/日産プリンス東京販売/世田谷区役所/日野市役所/習志野市役所

キーワードで検索