観光経営学科のカリキュラムのしくみ

実効性の高い教育・指導により観光のスペシャリストをめざします

観光経営学科では、演習や実習、実務研修など実効性の高い教育・指導により、観光地の計画と経営、その枠組みとなる政策・法制などの教育、研究を行っています。総合基礎科目では観光にかかわる基礎的知識、専門教育科目でさまざまな課題を解決する思考力、共通選択科目と演習系科目では将来に対する目標と主体的な行動力を養います。

(2016年5月 現在)

専門科目

〈会〉会計人講座のみ、(FP)ファイナンシャルプランナー講座のみ/会計人講座、ファイナンシャルプランナー講座(応用)は選抜試験に合格した者のみ履修可、(実)経営実践プログラム科目

※2016年5月現在の予定であり、一部変更の可能性があります。

キーワードで検索