経営学科のコース紹介

スペシャリストを育成する3つのコース

経営学科は、スペシャリストを育成する3つのコースを用意しています。卒業後は各コースの専門性を生かし、たとえば経営コースでは本学大学院でのMBA取得、企業と会計コースでは公認会計士や税理士をめざすための大学院進学、スポーツ経営コースではプロスポーツ経営のみならず企業や自治体でスポーツ関連の職種に就くなど、多彩な活躍の道が開けます。

経営コース

経営コースの特徴

経営コースの特徴

企業経営に必要な専門知識を効果的に学びます。経営についての基礎科目はもちろん、財務および労務管理や企業戦略、ベンチャー・ビジネス論など、多彩な分野を学習します。卒業後は、本学大学院でMBAを取得することもできます。

企業と会計コース

企業と会計コースの特徴

企業と会計コースの特徴

企業の経営的・財務的基盤の理解をはじめ、記帳管理などの実務面、財務諸表の作成や見方など、企業と会計の基礎から応用までを学びます。

卒業後も学びたいという学生のために、本学大学院で公認会計士や税理士をめざす道も用意されています。

スポーツ経営コース

スポーツ経営コースの特徴

スポーツ経営コースの特徴

経営全般を学びながら、スポーツ経営にかかわる多彩な分野について理解を深めます。卒業後は、プロスポーツ経営だけでなく、スポーツ関連を含む一般企業、公務員として企業の活性化や街おこしなどにも力を発揮できます。

キーワードで検索