国際経済学科のカリキュラムのしくみ

経済学の基礎をはじめ、幅広い知識も身に着けます

本学科ではアジアや世界の経済の実態を把握し、分析する能力を身につけるため、経済学の基礎から学び、グローバル化・国際経済・アジア経済などといった応用までを学びます。特に複雑なアジア経済を正しく理解するため、文化・歴史・政治などの分野も学習できるようカリキュラムを設定。必修科目ではプレゼンテーション能力や表現力を鍛えるため少人数教育を重視し、さまざまな課題に対する解決方法を考え、実践できる力を養います。また、英語でのコミュニケーション能力を向上させるため、多くの英語科目を配置し、グローバルな人材に期待される英語力を鍛えます。

専門科目

※2018年4月現在の予定であり、一部変更の可能性があります。

キーワードで検索