全経簿記能力検定向けた事前対策講習を実施

全経簿記能力検定に向けた、事前対策講習を実施しています

経済学部では、全国経理教育協会が実施している簿記能力検定に向けて、「簿記原理」の履修生を対象に事前対策講習を行なっています。実社会で役立つ簿記の基礎知識を修得すると共に、資格取得をめざす本試みは、2013年よりスタートし、合格率が全国平均を上回るなど実績を残しています。本学部では、チャレンジ精神を持った意欲ある学生を育てるべく、各教員が全力で学生をサポートしています。

事前対策講習の特徴

学生の意欲を育てる実践教育!

目標は全経簿記3級以上。学生の意欲を育てる実践教育!

事前対策講習は、「簿記原理」の履修生を対象に実施しています。「簿記原理」の授業では、全経簿記能力検定の受験を推奨しており、「簿記原理」の担当教員が事前対策講習の運営を行なっています。履修生は資格取得という明確な目標を持ちながら、帳簿の作成から貸借対照表、損益計算書の作成まで、実社会で役立つ簿記処理の基本を学ぶことができます。

担当教員によるきめ細やかなサポート

不安を払拭。担当教員によるきめ細やかなサポート!

事前対策講習は全経簿記能力検定の試験前日に行われ、「簿記原理」の担当教員が作成した予想問題を本番と同じ形式で解きます。解答後には各設問の解説が行われ、学生は自らの到達度について最終チェックを行ないます。自己採点の結果、合格点に満たない学生には個別指導を行うなど、きめ細やかな指導を行なっています。

キーワードで検索