法学部政治学科(2018年4月開設)

地域からグローバルまで 多様な問題を解決し 活躍する人材を育む

グローバル化が急速に進む現在では、既存の学問領域にとらわれない柔軟な発想が求められます。地域の抱える問題や平和・安全保障問題、国家・地域における政策の問題、コミュニケーションにかかわる問題など、多様な問題を分析し考え、問題解決にあたる力を持つ人材を育成します。

教員メッセージ


井川 博 教授

急速に進むグローバル化や地方の高齢化など、さまざまな問題を抱える日本では、学問の垣根を越えた柔軟な発想力が必要です。そのような社会に適応するため、政治学科では、法律のみならず、政治、経済、行政などさまざまな学問を学習します。入学後に「公共政策コース」「政治コース」のいずれかを選択するため、学生自身が早い段階からめざす方向性に沿って学べるのも魅力。実社会で活躍した教授が揃い、実践的な知識とスキルを身につけることができます。

学科の特徴

国際的視野、広い知的関心を持ち多面的に活躍する、政治知識・政策的思考能力を備えた人材を育成します。

 

 

コース紹介

政治学科では、入学後にどちらかのコースを選択します。

 

■公共政策コース

各種公務員(地方公務員一般行政職・警察官・消防官・自衛官など)を志望する学生が対象。公務員に求められる知識・スキルを習得するための幅広いプログラム構成です。

 

■政治コース

政治の世界やジャーナリズムの世界に関心を持つ学生が対象です。政治学分野の科目やメディア関連の科目を配置。グローバル化の時代にふさわしい人材を育成します。

学びの流れと卒業後の進路

4年間の学びの流れと卒業後の進路

取得可能な資格

  • 予防技術資格者受験資格
  • 学芸員
  • 図書館司書
  • 社会教育主事任用資格
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定受検資格
  • キャンプ・インストラクター

入試情報

法学部政治学科の入試情報を掲載しています

八王子キャンパスについて

キーワードで検索