助産学専攻科の紹介

人間の性と生殖に関わるスペシャリストの育成

人間のライフサイクル全般にかかわる助産師は、マタニティサイクルへの支援、リプロダクティブ・ヘルスへの支援など、さまざまな専門性が求められます。助産学専攻科では、性と生殖に関する専門的知識と技術に加え、現代社会の幅広いニーズに応えられる問題解決能力と、豊かな人間性を備えた助産師を養成します。

助産学専攻科の特徴

1. 基礎的助産実践能力の育成
妊娠・分娩・育児期にある対象の経過や健康生活を診断でき、根拠に基づいたケアを提供するための実践能力を持った人材を育成する。
2. 性と生殖の支援実践能力の育成
女性の人権を基盤としたウイメンズヘルスを推進できる実践能力を育成する。

3. 地域における母子保健に貢献できる人材の育成
助産の専門的立場から地域の母子保健活動に広く貢献し、多職種と協働して課題に取り組める問題解決能力と人間関係を形成する能力を育成する。

4. 生涯にわたり自己研鑽を行う態度の育成
助産師としての職能に求められているニーズを認識し、良質な助産を提供できるよう自己啓発し続けることのできる人材を育成する。

カリキュラム

区分 授業科目
基礎分野 助産学基礎領域 必修科目 助産学概論
周産期医学Ⅰ
周産期医学Ⅱ
新生児学
母子の健康科学
母子の栄養
実践分野 助産学実践領域 必修科目 助産診断学
出産介助技術学
助産実践学Ⅰ
助産実践学Ⅱ
助産実践学Ⅲ
助産実践学Ⅳ
助産実践学演習
女性健康学領域 必修科目 ウイメンズヘルス概論
女性のライフサイクルと健康教育
家族計画論
助産学実習領域 必修科目 助産学実習
選択科目 ウイメンズヘルス実習
統合分野 助産学統合領域 必修科目 助産管理学
地域助産学
助産学研究
選択科目 助産倫理学
家族と子育て支援

本専攻科を修了するためには、1年以上在学し、基礎分野の必修科目7単位、実践分野の必修科目23単位、統合分野の必修科目4単位、実践分野または統合分野から選択科目1単位を修得し、合計35単位以上を修得しなければならない。

取得可能な資格

■助産師国家試験受験資格
■受胎調節実地指導員
■新生児蘇生インストラクター

キーワードで検索