助産学専攻科の出願資格

助産学専攻科の2018年度の出願資格をご紹介します。

出願資格

本専攻科の出願資格は、次の要件のいずれかに該当する女性で、かつ、看護師資格を有する者、または出願時において看護師国家試験の受験資格を有する者(取得見込みの者を含む)。ただし、入学時には、看護師国家試験に合格していることが必要である。

(1)大学を卒業した者、または2018年3月卒業見込みの者

(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者または2018年3月31日までに授与される見込みの者

(3)外国において学校教育における16年の課程を修了した者または2018年3月31日までに修了見込みの者

(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者または2018年3月31日までに修了見込みの者

(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育法における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者または2018年3月31日までに修了見込みの者

(6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることとその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または2018年3月31日までに修了する見込みの者

(7)文部科学大臣の指定した者(1953年文部省告示第5号)

【注意】

資格取得見込の出願者については、2018年4月入学時までに資格を得られなかった場合、入学許可を取消し、入学検定料を除く納入済みの金額を返還いたします。ただし、返金時に発生する振込手数料は出願者の負担となります。

キーワードで検索