帝京大学短期大学の教育

基礎力を重視しながら、これからの時代に必要とされる知識、英語運用力を身につけます

社会で役立つ教養と実務スキルを身につけるためには基礎力が重要です。帝京大学短期大学では基礎力重視の教育を行い、その上で応用力や実践力の向上・発展をめざします。また最新のニュースソースなどを学びの場で活用することで時代のニーズにも対応します。同時にこれからの時代に必要不可欠な英語運用力も身につけます。

帝京大学短期大学の教育指針

基礎力の徹底なくして、応用力や実践力の向上・発展はありえません。帝京大学短期大学ではこのような考えに基づき、基礎力重視の教育を徹底的に行っています。さらに、グローバル化した国際社会における数々の異文化や情報に関する教材や最新のニュースソースなどを積極的に活用。これらを効果的に使った授業システムを構築し、劇的に変化する時代のニーズに対応しています。これからの時代に必要不可欠とされる知識や英語運用力などを、きわめて高いレベルで身につけられる点も、帝京大学短期大学の大きな魅力の一つといえます。

2年間の学び

2年間の学び

専門科目

基礎的な能力、英語力を身につけた上で、各学科において卒業後の進路に合わせ、多彩な専門科目において実践的な知識を身につけます。

 

演習

1年次は「社会力」「自己教育力」「専門力」の基礎力を育成します。大学での学びの方法から自分の考えをまとめ、文章で伝える技術、自らの将来を考えます。2年次は卒業後の進路を見据え、進路を選択する際に不可欠な教養、時事問題に関する知識、ビジネスマナーなどを修得します。

オープンカリキュラム

オープンカリキュラム

帝京大学短期大学の学生は、帝京大学経済学部(地域経済学科を除く)・法学部・文学部・外国語学部・教育学部で開講する専門教育科目の一部について、履修することができます。修得した単位は共通選択科目として認定されます。

社会での実践的知識・技術を修得できる2つのコース

スポーツ指導者養成コース

スポーツ指導者養成コース

帝京大学短期大学では、両学科共通のコースとして「スポーツ指導者養成コース」を開設しています。(財)日本体育協会が認定する公認スポーツ指導者は、地域における日常の楽しみのためのスポーツ活動や競技力を高めるための指導などをスポーツ医科学的理論と実践によって、安全かつ適切に指導を行います。指定科目を履修し単位を修得すると、(財)日本体育協会より「スポーツリーダー」の資格が授与されます。

ecoビジネスリーダー養成コース

ecoビジネスリーダー養成コース

地球温暖化などの環境問題が、今後人類が解決すべき世界的な課題となっており、高度な技術を有する日本の環境ビジネスの発展が求められています。この流れをリードする人材の育成をめざすのが2010年4月より開設した「ecoビジネスリーダー養成コース」です。本コースでは、企業内において環境に配慮した製品やサービスの企画、開発、提供に携わる基本的な知識や情報収集能力、実務の修得をめざします。また、環境系NPO団体や環境コンサルタントなど、企業や社会に対して問題解決方法の提案、さらには起業への展開も考えられます。

併設された帝京大学への編入制度を用意

帝京大学短期大学では、専門領域をさらに深めたい学生のために、帝京大学への編入学試験を実施しています。学業成績が優秀で意欲がある学生を対象に、学内特別編入制度を設けています。また帝京大学グループはもちろん、国内外の教育機関にも、広く門戸を開放しています。

キーワードで検索