教職研究科の教員紹介

研究科長からのメッセージ

学び、挑戦し続ける高度な実践力をそなえた教師を育てる

帝京大学大学院教職研究科がめざすものは、広い視野から教育実践を省察し、よりよい実践を創成できる教師の育成です。本教職研究科は、「理論と実践の往還」の重要性が指摘される前から、「理論と実践の融合」をめざし、「省察的実践力」のある教師教育を行ってきました。今日のような変動の激しい時代には、未来を切り拓く創造的な教育をデザインする力と、それに挑戦していくチャレンジ精神が求められます。本教職研究科のカリキュラムでは、自ら学び、挑戦し続ける教師になるための跳躍台でありたいとの念願に基づいて構成されています。そして本研究科の構成員がチームとして個々の学生にきめ細かな教育ができるよう体制を整えています。

教職研究科長 清水 静海

教員紹介

教員名をクリックすると、教員検索機能による詳しい情報がご確認いただけます。(一部教員除く)

※2019年5月現在

 

教職実践専攻
清水 静海教授 藤井 靖史教授 坂本 和良教授 中田 正弘教授 小山 惠美子教授
田村 順一教授 岡田 行雄教授 赤堀 博行教授 細戸 一佳准教授 荒巻 恵子准教授
魚山 秀介准教授 中村 雅子准教授 蒲地 啓子准教授 町支 大祐講師

キーワードで検索