教職研究科の出願資格

教職研究科の2019年度の出願資格をご案内します。

教職実践専攻

出願資格のいずれかを有し、かつ、選抜区分ごとの出願要件を満たしている者、または2019年3月末日までに該当する見込みの者

 

1 出願資格

(1)大学を卒業した者

(2)独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の規定により学士の学位を授与された者

(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者

(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者

(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者

(6)外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府または関係機関の認証を受けた者による評価を受けたものまたはこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了することおよび当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者

(7)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者

(8)文部科学大臣の指定した者

(9)研究科の定めるところにより、個別の入学資格審査をもって、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達したもの

 

【注意事項】

(9)に該当し出願しようとする者については、事前に個別入学資格審査を受け、入学資格を認められた場合に限り出願が認められます。

 

個別入学資格審査のご案内

出願資格についての個別審査を希望する場合、下記ページをご覧ください。

 

2 選抜区分ごとの出願要件
【スクール・リーダーコース】

教育職員免許法に定める免許状を取得している現職教員であること(臨時採用・非常勤講師は除く)。

【教育実践高度化コース】

現職教員以外の者(臨時採用・非常勤講師等の場合は出願可能)で、かつ、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、養護教諭のいずれかの教育職員一種免許状を取得しているまたは2019年3月までに取得見込みの者であり、教職に対して明確な志望動機を持っていること。

※入学までに、教育職員一種免許状を取得できなかった場合は、入学許可を取り消します。

キーワードで検索