公衆衛生学専攻

  • 板橋キャンパス

国内外を問わず、公衆衛生の実現と社会の変化をめざします

本専攻では自ら問題を見出し、解決しようとする主体性を身につけた人材を育成することを目的としています。そのため、国際的に基幹となっている公衆衛生の基本5領域、問題解決型アプローチ、コンピテンシー基盤型教育をキーワードとし、幅広い公衆衛生を体系的に学べる環境を整えています。深く問題を追究し、柔軟な実践力を養います。

公衆衛生学専攻の概要

働きながら学べる2つ課程

公衆衛生学専攻には1年コース・2年コースが選択できる専門職学位課程(MPH)と3年コースの博士後期課程(DrPH)があり、どちらの課程も働きながら学ぶことができ、公衆衛生学を学ぶうえで基幹とされている「疫学」「生物統計学」「社会行動科学」「保健政策・医療管理学」「産業保健学」の5つの領域をバランスよく修得します。授業ではグループワークやディスカッション、実習や演習を通してフィールドでの実践的な学びに取り組みます。公衆衛生の現場で発生する諸問題に対して科学的判断に基づき、学術深化に寄与できる力を身につけます。

公衆衛生の基本5領域

・疫学

集団の健康問題を解決するためには、科学的方法に基づいた研究が必要です。仮説をたて、それを検証するための研究デザイン、データ収集と解釈を理論的かつ実践的に行う方法論を学びます。

・生物統計学

統計学の基本から専門的な統計手法を駆使し、試験計画を立案して結果を科学的に解析・評価できる知識と技術を演習を通して修得します。

・社会行動科学

メタボリックシンドロームなどの生活習慣病には不健康な行動パターンが関係していることが多く、個人、職場や医療機関、地域など各レベルでの対策が必要です。その各レベルでの実効性のある解決策の立案・実施の方法を学びます。

・産業環境保健学

私たちはさまざまな環境で生活しています。その環境が人間に及ぼす影響をとらえ、有害物質による生体影響の同定だけでなく、国際的枠組で環境保健対策を計画・実行する知識と技能を修得します。また、有害物質を扱う職場の安全や、技術革新と産業構造の変化に伴う、産業保健の現場で実践できる実務能力を身につけます。

・保健政策・医療管理学

現在、国際競争・公衆衛生上の脅威・高齢化社会に直面しており、保健政策・医療管理学の専門家が求められています。保健政策・医療管理学を網羅的に学び、科学的根拠に基づいて公衆衛生に関する問題に取り組む力を身につけた保健政策・医療管理のリーダーを養成します。

 

公衆衛生学研究科

問題解決型アプローチ

公衆衛生の課題を解決するためには、1つのテーマに興味をもち、仮説をたてて科学的に分析するだけでは不十分で、広い視野をもって社会問題を取り上げて分析し、その結果に基づいて企画・立案、実行を行うことが必要です。本専攻では、8段階から構成される問題解決型アプローチの修得をめざします。問題を発見し、情報収集を行い、そこから得たデータの分析だけでなく、多角的な側面から問題をとらえ、柔軟な発想で問題解決に取り組む力を身につけます。

コンピテンシー基盤型教育

現代社会において、日本だけでなく、世界でも人びとの健康を守り、維持するためには多くの課題があります。それを解決するためには、科学的知識や学術的な要素だけでなく、コミュニケーション能力やリーダーシップ、社会を動かす力(アドボカシー)などが求められています。そこで注目されているのがコンピテンシーで、いわゆる、高い能力を持つ人が備えている資質を鍛える教育です。本専攻ではそれぞれのコースで8つのコンピテンシーを備える人材の育成をめざします。

グローバル社会で活躍する人材育成

ハーバード特別講義

帝京大学は、1993年のハーバード大学との学術提携以来、学生・教員の交流、国際共同シンポジウムなどを通して、わが国の公衆衛生学の発展に寄与してきました。本講義は、本学が推進するコンピテンシー基盤型教育の一環として行っています。

2012年1月、ハーバード大学より各分野で世界的に活躍する教授陣5人をお招きして第1回を開講しました。その後、本学と学術提携校であるケンブリッジ大学、ダラム大学、オックスフォード大学などからも講師を招聘しています。毎年、国内外より延べ100人近い受講生が参加する貴重な国際交流の場となり、外最新事情や最先端の知識に触れることができる絶好の機会です。

帝京国際サマースクール

帝京国際サマースクールは、ハーバード大学とともに培った教育方法を活かして実施しているプログラムで、本学の海外提携校をはじめ、学外から多くの聴講生が参加します。講義は主に英語で行われ、組織内における人びとの行動や態度などについての体系的な学問である組織行動学を通して、ヘルスケア・マネジメントの基礎や公衆衛生領域におけるリーダーシップなどを学びます。また、世界共通の課題となっているユニバーサル・ヘルス・カバレッジについて、日本におけるこれまでの達成状況と今後も進展する少子高齢化社会の中で医療制度を維持するための取り組みについて、地域の保健所や特別養護老人ホーム、病院などでフィールド学習を行い、多面的な知見を身につけます。

帝京-ハーバード国際シンポジウム

交流活動の一環として、約2年ごとに本学やハーバード大学などを会場として国際シンポジウムを実施しています。毎回、本学と提携しているアメリカ、イギリス、アジア諸国の各大学より、保健医療職教育のリーダーたちが参加し、熱心な討論が交わされます。今後もハーバード大学をはじめとする提携校との関係を深め、教育を通してより良い社会の実現をめざします。

学術交流協定

2016年、本専攻と中国北京大学公共衛生学院との間で学術交流協定を締結しました。わが国が経験した急速な高齢化社会に対し、持続可能な保健医療制度の構築や、本学がハーバード大学とともに進めている博士課程の保健医療専門職教育について日本や本学の経験を取り入れたいとの同大学院の希望があり、実現しました。また、タイのチュラロンコン大学やインドネシアのアトマジャヤ大学も加えての4大学での大気汚染に関する共同研究も始まり、教育と研究の両面で多面的な交流を行っています。

教育目的

公衆衛生学研究科は、建学の精神に則り、人々の命を守り健康を増進させるとともに、健全な保健医療体制の持続的な発展と医療の質の継続的な向上、健康を維持する社会づくりに寄与する。そのために、様々な公衆衛生上の課題に対して指導的立場で科学的判断に基づく問題解決ができる高度専門職業人を養成する。また保健医療活動に代表される、人々の生命を守る活動を統括指導できる高度な実践能力とリーダーシップを併せ持つ公衆衛生の上級管理者・上級指導者の養成を目的とする。このような公衆衛生の人材育成を通じた社会貢献を行うことが研究科の教育目的である。

専門職学位課程3つのポリシー

博士後期課程の3つのポリシー

キーワードで検索