薬学研究科の出願資格

薬学研究科の2019年度の出願資格をご案内します。

博士課程 臨床薬学履修コース/薬学履修コース

次の各号のいずれかに該当する者、または次の各号のいずれかに2019年3月末日までに該当する見込みの者。

(1)大学における修業年限6年の履修を要する課程を卒業した者

(2)外国において、学校教育における18年の課程を修了した者

(3)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における18年の課程を修了した者

(4)文部科学大臣の指定した者

1. 旧大学令による大学の医学または歯学の学部において医学および歯学を履修し、これらの学部を卒業した者

2. 防衛省設置法による防衛医科大学校を卒業した者

3. 修士課程または学校教育法第99条第2項の専門職大学院の課程を修了した者および修士の学位の授与を受けることのできる者ならびに前期および後期の課程の区分を設けない博士課程に2年以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた者(学位規程の一部を改正する省令(昭和49年文部省令第29号)による改正前の学位規程(昭和28年文部省令第9号)第6条第1号に該当する者を含む。)で大学院または専攻科において、大学の医学を履修する課程、歯学を履修する課程、薬学を履修する課程のうち臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とするものまたは獣医学を履修する課程を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

4. 大学(医学を履修する課程、歯学を履修する課程、薬学を履修する課程のうち臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とするものおよび獣医学を履修する課程を除く)を卒業し、または外国において学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において2年以上研究に従事した者で、大学院または専攻科において、当該研究の成果等により、大学の医学を履修する課程、歯学を履修する課程、薬学を履修する課程のうち臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とするものまたは獣医学を履修する課程を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

(5)本研究科の定めるところにより、個別の入学資格審査をもって、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達したもの

※ 修士の学位を得た者は、本研究科において(1)と同等以上の学力があると認められた場合に限り、(4)3. に該当します。

※ (1)以外の大学を卒業した者は、卒業した後、大学、研究所等において2年以上研究に従事した者で、本研究科において(1)と同等以上の学力があると認められた場合に限り、(4)4. に該当します。

コースごとの出願要件

コース 出願要件
臨床薬学履修コース 薬剤師免許を有する者(第104回薬剤師国家試験による取得見込者を含む。国家試験不合格の場合は入学許可を取り消す)。
薬学履修コース 上記出願資格の通り。

 

【出願時の注意事項】

入試区分には「一般入試」と「社会人入試」の2種類があります。「社会人入試」区分で出願する場合、以下の要件に該当することを確認してください。

コース 出願要件(社会人入試)
臨床薬学履修コース 薬剤師として現在病院、薬局等に勤務している者で、入学後も所属長等の許可を得て引き続き在職できる者。
薬学履修コース 現在企業、官公庁、研究所等に勤務している者で、入学後も所属長等の許可を得て引き続き在職できる者。

※「一般入試」と「社会人入試」では、出願書類および入学金が異なります。詳細につきましては、学生募集要項をご覧ください。

■臨床薬学履修コース志望者で、実務経験3年に満たない場合は1年間の研修を履修しなければなりません。

出願書類提出以前に、志望する専攻科目の指導教員の了解を得てください。

本大学院による個別審査を希望する場合は、出願開始日の10週前までに申し出てください。

 

個別入学資格審査のご案内

出願資格についての個別審査を希望する場合、下記ページをご覧ください。

キーワードで検索