法学研究科の成績評価と単位認定

法学研究科の成績評価と単位認定についてご紹介します

学生の努力を正当に評価できるように統一した評価制度を設定しています。

成績評価

成績評価は、セメスターごとに(通年科目のみの履修者については年度末)にWebにより発表します。ただし、修了判定については大学にて成績表を配付します。評価の基準は下記の通りです。

評価評点判定
S 100~90点 合格
A 89~80点
B 79~70点
C 69~60点
P 合格(学位論文審査)
D 59~0点 不合格
R 未受験

※D・R …登録はしたが、途中で放棄した場合も含みます。

法律学専攻 博士前期課程(修士課程)

・修了に必要な単位数は30単位です。

・税理士コースの学生は、租税法研究Ⅰ~Ⅷの中から2科目4単位以上を必ず履修してください。

・同一科目の重複履修は単位認定されます。

・総合研究…学位論文を作成する為に、自分の学位論文に関連する分野の知識を深め、論文執筆に必要な方法論を習得する科目です。指導教員を1年次に決定し、2年次で指導教員が開講する総合研究を履修します。

・必要単位数を充足し、修士論文の審査に合格して修了となります。

法律学専攻 博士後期課程(博士課程)

・修了に必要な単位数は4単位です。

・選択・必修の別はありませんが、原則として指導教員の下で同一科目を3年間続けて履修してください。

・必要単位数を充足し、博士論文の審査に合格して修了となります。

・必要単位数を充足しても、博士論文未提出または不合格の場合は満期退学となります。

キーワードで検索