保健学研究科の成績評価と単位認定

保健学研究科の成績評価と単位認定についてご紹介します

学生の努力を正当に評価できるように統一した評価制度を設定しています。

成績評価について

評価の基準は下記の通りです。

評価

評点 判定
S 100~90点 合格
A 89~80点
B 79~70点
C 69~60点
D 0~59点 不合格

単位認定

単位の認定は、試験またはレポート等により、担当教員が行います。病気その他やむを得ない理由により試験を受けることができない者は、追試験を受けることができます。

 

【博士前期課程(修士課程)】

(1) 2年以上在学すること。

(2) 次の通り30単位以上を修得すること。

基礎科目において必修科目6単位以上を修得する。

専門科目において必修科目8単位及び指導教員の指定する3科目(6単位)を選択必修科目 として合計14単位以上を修得する。 残りの10単位は、基礎科目も含め他の領域における専門科目も選ぶことができる。

(3) 必要な研究指導を受けること。

(4) 修士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格すること。

 

【博士後期課程】

(1) 3年以上在学すること。

(2) 次の通り20単位以上を修得すること。

基礎科目において必修科目4単位を修得する。

専門科目において必修科目12単位及び指導教員の指定する2科目(4単位)を選択必修科目として合計16単位以上を修得する。

(3) 必要な研究指導を受けること。

(4) 博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格すること。

 

キーワードで検索