外国語研究科の教員紹介

研究科長からのメッセージ

文化現象とはひとつの国に固定されるものではありません。すでに20世紀初頭からヨーロッパではさまざまな地域の文化が融合していました。現代ではさらにその領域は拡大しています。広範な地域で起きる事象を横断的あるいは俯瞰的に観察・分析し、的確な仮説を導き論証する。それが超域文化研究です。外国語能力は研究を進めるツールとして有用であり、外国語を駆使しながら日本人として、もしくはその国の人間として思考できる人こそが超域文化の研究に必須のメンタリティの持ち主だと考えています。イギリスやドイツ、フランスなど欧州の文化的先進国の研究体系から脱し、まだ手つかずの学問領域に魅力を感じるのは当然のこと。超域文化専攻では国籍を問わず、溌剌とした知的探究心にあふれ、その分野の第一人者をめざす研究者の卵を歓迎し、研究目的の達成に協力します。

外国語研究科長 江原 裕美

教員紹介

教員名をクリックすると、教員検索機能による詳しい情報がご確認いただけます。(一部教員除く)

※2017年4月現在

 

超域文化専攻
江原 裕美教授 海老坂 高教授 大野 雅子教授 ヘガティ ジョージ教授 水越 あゆみ准教授
宇多 浩准教授 原 智弘准教授 筒井 史緒講師 石橋 正孝講師

 

キーワードで検索