理工学部情報科学科通信教育課程 履修モデル

3つのモデルを、履修の目安として提示します。ここで示すのはあくまでも例示です。この通りに履修するということではありません。

1年 2年 3年 4年





情報基礎1

基礎数学

論理数学

線形代数

微分積分1

物理学1

プログラミング1

プログラミング2

コンピュータ概論

Web技術基礎

技術者倫理

情報基礎2

微分積分2

応用数学

グラフ理論

離散数学

数理統計学

プログラミング3

プログラミング4

情報科学演習1

情報科学演習2

コンピュータネットワーク

データ構造とアルゴリズム

オートマトンと計算理論

データベース論

情報科学演習3

情報科学演習4

コンピュータアーキテクチャ

オペレーティングシステム

情報理論

情報セキュリティ

情報システム

画像情報処理

コンピュータグラフィックス概論

コンピュータシュミレーション概論

数値解析法

論理回路

ディジタル通信

情報社会論

オペレーションズリサーチ

ディジタル信号処理1

ディジタル信号処理2

システム科学

光情報科学

技術者の人間学

実用英語

総合基礎科目から必修の英語1.2を含め16単位以上、

かつ総合基礎科目、専門基礎科目または、

専門科目から16単位以上












情報基礎1

基礎数学

論理数学

線形代数

微分積分1

物理学1

プログラミング1

プログラミング2

コンピュータ概論

技術者倫理

情報基礎2

微分積分2

応用数学

グラフ理論

数理統計学

幾何学

プログラミング3

プログラミング4

情報科学演習1

情報科学演習2

コンピュータネットワーク

データ構造とアルゴリズム

電磁気学1

電磁気学2

電気回路1

電気回路2

情報科学演習3

情報科学演習4

コンピュータアーキテクチャ

オペレーティングシステム

画像情報処理

数値解析法

電子回路1

電子回路2

論理回路

通信方式

ディジタル通信

半導体工学

電波法および電気通信法

ディジタル信号処理1

ディジタル信号処理2

自動制御論

システム科学

光情報科学

イメージ科学

技術者の人間学

総合基礎科目から必修の英語1.2を含め16単位以上、

かつ総合基礎科目、専門基礎科目または、

専門科目から16単位以上







情報基礎1

基礎数学

論理数学

線形代数

微分積分1

物理学1

プログラミング1

プログラミング2

コンピュータ概論

Web技術基礎

技術者倫理

教職論

教育史

教育心理学

情報基礎2

微分積分2

応用数学

グラフ理論

離散数学

数理統計学

幾何学

プログラミング3

プログラミング4

情報科学演習1

情報科学演習2

コンピュータネットワーク

データ構造とアルゴリズム

オートマトンと計算理論

データベース論

教育制度論

教育課程論

情報科教育法1

教育の方法と技術

情報科学演習3

情報科学演習4

コンピュータアーキテクチャ

オペレーティングシステム

情報理論

情報セキュリティ

情報システム

画像情報処理

コンピュータグラフィックス概論

コンピュータシミュレーション概論

数値解析法

論理回路

ディジタル通信

情報社会論

情報科教育法2

特別活動の指導法

生徒指導・進路指導論

教育相談

オペレーションズリサーチ

システム科学

光情報科学

技術者の人間学

情報と職業

実用英語

教育実習

教育実習指導

教職実践演習

総合基礎科目から必修の英語1.2を含め16単位以上、

かつ総合基礎科目、専門基礎科目または、

専門科目から16単位以上

※1年次には1年配当科目のみ履修できます。2年次には1.2年配当科目、3年次には1.2.3年配当科目、4年次では年次に関係なく履修できます。

(2016年12月現在)

キーワードで検索