編入学希望者の既修得単位の認定基準

編入学希望者の既修得単位の認定基準(参考)

編入を希望した場合、すでに修得した単位がどこまで認定されるか紹介します。編入をお考えの方は、参考にしてください。

2年編入では、個別認定および包括単位認定を含めて32単位が上限となります。

3年編入では、個別認定および包括単位認定を含めて62単位が上限となります。

認定単位や科目は、既に修得した単位数やその内容により個人ごとに異なります。

科目区分 認定方法 2年編入
認定単位数上限
3年編入
認定単位数上限
総合基礎科目 必修 個別 4上限 4上限
選択 包括 16上限 16上限
専門基礎科目
専門科目
必修 個別 24上限 24上限
選択 包括 32上限 24上限
合計 32上限 62上限

※認定される単位数や科目は、出身校で修得した科目の内容やその単位数により個別で異なります。

※個別認定とは、出身校で修得された科目の内容が本学の開設科目と合っていれば認定する方法です。

※包括認定とは、個々の科目ではなく、本学開講科目群の各分野としてまとめて認定する方法です。

※編入学後、スクーリングの授業を最低2科目(4単位)は、履修します。(単位認定状況によります)

※本学とは異なる文系・医療系等の学校出身の方は、卒業に必要な単位数を多く修得しなければならないことから、最短年限での単位修得は難しく、仕事等と学習の両立に無理のないよう、2年次編入されることをお勧めします。

※3年次編入を希望されても認定される単位数(情報・数学系の科目)が少ない場合には、修業年限を考慮し、2年次編入となる場合があります。3年次編入学への出願にあたっては、在籍期間や科目概要・ライフスタイル等をご検討の上、無理のない学習計画でご出願ください。

キーワードで検索