2017年度 帝京大学宇都宮キャンパス公開講座

タイトル

学びのいろいろ ―ライフキャリア-環境-教育―

 

講座一覧

【第1回 11月11日(土)】人生の選択とは―私のライフキャリアを考える―

進学・就職・結婚・退職-長寿社会となった日本において、私たちには、青年期から晩年にかけて重大な決断を迫られる節目があります。また、科学技術が発展し、AIやロボットなどが職場環境や雇用状況を大きく変える時代になってきました。私たちがこのような時代を自分らしく生き抜くために、最新のキャリア理論を学び、しなやかに生きるためのヒントを得て、ライフキャリアについて一緒に考えていきましょう。

■講師:横山 明子(総合基礎)

横山 明子

【第2回 11月25日(土)】福島原発事故と『白い防護服の男たち』の謎

大震災にのたうつ東日本に、とどめを刺すかのように発生した福島第一原発事故の真相に迫りたいと思います。そこには、殆ど国民に知らされていない種々の事情が絡んでいました。農夫たちが作った原発?その検査官の専門分野は養蚕だった?原発の深刻な地震被害を隠蔽した手法とは?米国の助言が事故を悪化させた?事故を拡大した最大の失敗とは?事故を大きく改善した庶民の提案とは?原発作業員を初め、東日本を救った英雄たちにも脚光を当てたいと思います。

■講師:飽本 一裕(情報電子工学科)

飽本 一裕

【第3回 12月16日(土)】大正新教育から考える現代教育改革
小・中学校の新しい学習指導要領が、3月に告示されたのをご存じでしょうか。オリンピック・イヤーの2020年から約10年にわたる学校教育の青写真を描く新学習指導要領。そこには「主体的・対話的で深い学び」や「カリキュラム・マネジメント」などの新しいキーワードが見られます。しかし、これらが意図することは、大正新教育と呼ばれる教師たちの手による主体的な教育改革において、既に実践されていたのです。そこで本講座では、新学習指導要領によって提示された教育実践の在り方を、私たちがどのように受け止めたらよいのかについて、大正新教育を窓口にして考えてみたいと思います。

■講師:塚原 健太(総合基礎)

塚原 健太

概要

■開催時間:各回とも10:00~11:40(受付は9:30から)

■対象:一般の方どなたでも

■定員:各講座50名

■受講料:無料
 

お申し込み方法

【A】【B】どちらかの方法でお申し込みください。

【A】下記「申込書」をダウンロードし、必要事項記入のうえ、FAX送信。

【B】e-mailにて「希望の講座」「住所」「氏名」「連絡先」をアドレスに送信。

■締め切り:各講座開催日の2日前まで

〒 320-8551  栃木県宇都宮市豊郷台1-1

帝京大学宇都宮キャンパス 総務グループ

TEL:028-627-7111  FAX:028-627-7184

e-mail:somu@riko.teikyo-u.ac.jp

【主催】帝京大学

【後援】栃木県教育委員会・宇都宮市教育委員会・公益財団法人 とちぎ未来づくり財団

キーワードで検索