大牟田市保健福祉長寿社会推進課「介護予防事業指導者研修」

介護予防事業へ講師を派遣することで地域を支援しています

福岡キャンパスでは、大牟田市が実施している市民の健康づくりをサポートするための地域支援事業および市町村特別給付事業における取り組みに対して、講師の派遣を行っています。

介護予防事業指導者研修とは

介護予防事業指導者研修

今後、ますます高齢化が進んでいく中、「明るく活力ある高齢社会」を実現させること、また生活機能の低下を未然に防止するための介護予防施策を確立することが重要な課題となっています。そこで大牟田市では、被保険者が要支援・要介護状態になることを防止し、可能な限り地域において自立した日常生活を営むことができるよう「介護予防事業」が考案されました。その事業の指導者を育成するのが、「介護予防事業指導者研修」です。

福岡キャンパスでは、社会貢献・地域支援の一環として、この介護予防事業指導者研修のサポートを行っています。高齢者の筋力向上トレーニング「よかばーい体操事業」、体力にあわせたマシントレーニング「筋力アップ教室」、「健康づくり市民サポーター養成研修事業」などへ講師を派遣しています。地域住民が高齢者一人ひとりに応じた介護予防を行うことで、日常生活を送っていけるよう身体機能の改善を図り、健康を保つことを目的としています。

帝京大学における具体的な取り組み

■「よかばーい体操事業」への講師派遣
■「筋力アップ教室」への講師派遣
■「健康づくり市民サポーター」への講師派遣

キーワードで検索