帝京大学ちば総合医療センター

診療・研究・教育という機能を活用した地域医療を実現

帝京大学ちば総合医療センターは、大学病院として診療・研究・教育といった機能を活用した地域医療の核をめざしています。

帝京大学ちば総合医療センター

インフォームド・コンセントの下、患者さんの立場に立った医療を大切にしています。そのために、患者さんの痛みを知りそれに思いを寄せる心を持ち、最新の医療設備と医療技術を生かした治療・看護を心がけ、質の高い医療を提供しています。同時に、医療の中身がより「みえる」よう努め、患者さんの医療に対する不安や不満を少しでも軽減し、安心して医療を受けていただきたいと考えています。

キーワードで検索