キャリアサポートセンター(宇都宮キャンパス)

全学一体となった、きめの細かいバックアップ体制でサポートします

チームリーダー  川澄 真
キャリアサポートセンター
(宇都宮)/チームリーダー 
川澄 真

宇都宮キャンパスにおけるキャリア支援の特長は、全学一体となった就職支援体制にあります。各学科の教員陣とキャリアサポートセンターの職員によって構成された就職委員会が中心となり、教職員が連携した就職支援を行っています。就職活動が本格化する9月からは就職ガイダンスを皮切りに、就職活動のノウハウについてレクチャーする就職講座を全5回実施。そのほかSPI、一般常識、TOEICといった就職試験対策講座や模擬試験、面接対策にも注力しています。また企業250社の人事担当者を招いて開催する学内合同説明会や、内定者・OBから体験談を聞くセミナーなど、学生の立場に立ったきめの細かいバックアップ体制で、学生のキャリア支援に取り組んでいます。

キャリアサポート3つの特長

教員・職員が連携した就職支援体制

各学科の教員陣とキャリアサポートセンターの職員によって横断的に構成された就職委員会が中心となり、就職支援に取り組んでいます。

 

きめの細かい就職ガイダンス

面接・筆記試験対策はもちろん、スーツの着こなしに至るまでレクチャーしています。1年次の「キャリアデザインⅠ」では将来のことを考えるきっかけをつくり、充実した自己啓発支援をしています。

 

八王子キャンパスとの連携

職員が企業訪問時に聞いた企業の人材ニーズなどの情報について、八王子キャンパスキャリアサポートセンターと随時情報交換を行い、キャンパス間の連携を強めています。

留学生向けの就職支援体制

留学生が増加傾向にある本キャンパスでは、留学生向けの就職支援も行っています。

その一環として一般社団法人留学生支援ネットワークへ加入し、留学生の日本企業への就職支援もしています。

キーワードで検索