チーム医療の実践

3つの学部の観点から、医療の力を結集できる環境があります

本来、大学は各学部によってそれぞれの専門知識を修得できます。本学では、医学部+薬学部+医療技術学部がその力を結集。患者さんを中心とした医療を理念から学べ、最先端の臨床現場をより身近に感じることができます。

「帝京大学の医療」は次世代へ

同じキャンパスに医療系の学部、学科が集結する本学での学びは、一足早いチーム医療の実践の場となります。敷地内に医学部附属病院が隣接する環境では医療を理念から学び、最先端の「教育」、「臨床」、「研究」をより身近に感じることができます。

学長からのメッセージ

理事長・学長 冲永 佳史
理事長・学長
冲永 佳史

かつて、医師がたった一人でも、経験と技能さえあれば患者さんの命を救うことができた時代もありました。しかしいまや、そうした時代は過去のものとなり、かわりに現代の医療現場で主流となっているのは、医師や看護師、検査技師、薬剤師などが、それぞれの専門的な医療技術を結集して行う「チーム医療」です。板橋キャンパスでは、医学部、薬学部、医療技術学部の3学部に通う学生が互いに交流を深めながら、現代医療に不可欠になったこのチーム医療を学ぶための学修環境が整えられました。加えて、カリキュラムのさらなる充実化をめざします。私たちはこうした教育環境の充実化を通じて、既成概念にとらわれない発想で自由を思慮し、自ら未来を切り拓いていける医療人を輩出することをめざしています。

キーワードで検索