共読ライブラリー

「共読ライブラリー」は全学的な読書推進プロジェクトです

本学のメディアライブラリーセンター(MELIC)では、編集工学研究所(所長:松岡正剛氏)との共同企画で、学力の向上と情報編集力の獲得を目的とした「共読ライブラリー」プロジェクトを開始しました。2012年から4年間のプロジェクトとなります。

共読とは?

「共読」とは本を勧めたり、読み合わせたり、評し合う読書の形態です。普通の読書が自己完結型とするなら、「共読」は発展的循環型の読書です。「共読」を習慣化することで、読書で得る情報を共有、交換し合い、その価値と効果を相互に高めることを可能とする新しい読書です。

目的とプログラム

目的

■総合的で継続的な共読プログラムを実施します。

■主体的な読書行動を習慣化することで、学習基礎力の底上げを支援します。

■「共読」の全学的展開により、学士力向上と情報編集技法の獲得をめざします。

プログラム

■図書館の新しい価値編集

 利用者のステータスを満足させる図書館ブランディングの実施

■本との新しい出会い方の提案

 本(読書)への興味、関心を誘引する共読システムの実施

■本との新しいかかわり方の提案

 本(読書)の価値、楽しみ方を広げる読書術コースウェアの実施

■共読の効果を高める環境づくり

 共読環境づくりの視点で見直した空間機能と演出の実施

帝京大学メディアライブラリーセンター01

帝京大学メディアライブラリーセンター02

 

 

 

キーワードで検索