インターンシップ実習

基礎知識をしっかり身につけた上で、実際の現場を経験します

3年次の実習では、業種や企業研究のほか、履歴書の添削やビジネスマナー講座など、必要な基礎知識をしっかり身につけた上で企業実習に参加。実際の現場を体験することで、就職活動や卒業後の進路決定に役立てることができます。

インターンシップⅠ・Ⅱの概要

インターンシップⅠ・Ⅱは、3年次に履修できます。春期15回の授業では参加前の研修として、業種や企業研究のほか、履歴書の添削やビジネスマナー講座などを実施。不安を取り除いた上で企業実習に参加できるので安心です。実習では、たとえば理工学部では、多くの学生が工場実習などの形式で企業に入り、実際の生産活動の一部を体験。また、実習期間中には、20人の担当教員が各企業を訪れ、学生の状況を視察し、徹底したフォローを行います。実習明けの秋期15回は、学生による成果発表を中心とした授業となり、学生同士が経験から得た成果を議論した上で、お互いの情報を共有し知識を広げます。最終的には受け入れ企業の担当者も参加する成果発表会を開催。プレゼンテーション発表を行うことで、今後の学習への動機づけや明確になった職業意識の再確認を行います。

実習の流れ

3

春期

授業

4月

第1~3回

オリエンテーション/スケジュール説明/前年度受け入れ企業リスト配布/練習用履歴書配布

5月 第4~7回 練習用履歴書作成→添削済み履歴書返却/提出用履歴書配布/インターンシップ実習リスト配布/実習企業希望届配布
6月 第8~11回 実習企業希望届をもとに実習企業決定/ビジネスマナーガイダンス
7月 第12~15回 先輩からのインターンシップ体験報告

秋期

授業

8・9月

第1回 実習

10・11月

第2~10回 レポート作成
12月 第11~14回 成果発表会リハーサル/学生主体の成果発表会
1月 第15回 最終授業

実習体験レポート

文学部社会学科 駒井 優織さん
文学部社会学科
駒井 優織さん

■株式会社 朝日新聞社にて実習体験

「実際の現場を経験したことで、具体的な課題が見えてきました。

スポーツ記者になる夢を叶える第一歩として、朝日新聞社のインターンシップに参加。10日間にわたってプロ野球選手の取材やテープ起こし、作文研修などを体験しました。貴重な現場経験の数々に、スポーツ記者への思いがより一層強くなりました。

渡邉 敬子さん
理工学部ヒューマン情報システム学科
渡邉 敬子さん

■株式会社アイ・シー・エスにて実習体験

「前日の反省を次に生かす向上心の大切さに気づきました。」

社会人の方の仕事に取り組む姿勢を学ぼうと思い、システム開発会社のインターンシップに参加しました。特に印象的だったのは、各自が朝礼で前日の反省と改善策を発表すること。常に向上心を持って取り組むことの大切さを学びました。

キーワードで検索