ホームカミングデーとOB・OGと語ろう会2018を開催しました【理工学部】

2018年12月26日

2018年12月22日(土)、帝京大学宇都宮キャンパスにて、帝京大学理工学部情報電子工学科のホームカミングデーを開催し、同学部同学科長・教授 荒井正之からOB・OGに向けて同学科の近況とディープニューラルネットワークによる物体認識の研究を紹介する講演を行いました。

当日はOB・OGと在学生合わせて57人が参加し、活発な質疑応答が行われました。講演後は学内ツアーが行われ、同学部航空宇宙工学科格納庫のジェット機、新しくなった施設や研究室、今年オープンした国際学生寮も見学し、参加者からは「とても良い施設だ」という声があがりました。

学内ツアーの後は、恒例となったOB・OGと語ろう会2018を開催しました。この企画は、OB・OGの方々と在学生の交流を通して、学生たちが社会人生活をイメージし、進路や将来のビジョンを考えるきっかけとなることを目的としています。今回もさまざまな企業や職業のOB・OGにご参加いただきました。終始笑顔の中、進路や就職活動、働き方、仕事のやりがいや苦労話などに花が咲き、あるOGは「以前は学生と参加していた人たちがOB・OGとして参加しているのが感慨深い」と話していました。

その後は宇都宮市内のレストランで懇親会を開催し、大いに盛り上がりました。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

当日の様子6

当日の様子7

当日の様子8

当日の様子9