第11回柔道整復学豊郷台シンポジウムを開催しました

2018年08月04日

2018年7月29日(日)、帝京大学宇都宮キャンパスにて、第11回柔道整復学豊郷台シンポジウムを第10回帝京大学・公益社団法人栃木県柔道整復師会ジョイントシンポジウムとして開催しました。

本シンポジウムは毎年開催しており、本学医療技術学部柔道整復学科の学生・卒業生・教職員や栃木県柔道整復師会会員が多く参加するイベントです。

今回は、慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター長・教授 松本秀夫氏による基調講演「スポーツ医学って何だ」、本学大学院生による研究発表、本学卒業生5人による現況の活動報告&パネルディスカッション、栃木県柔道整復師会会員による発表が行われました。

当日は約200人の方にご参加いただき、多くの質問や活発な意見交換が行われ、盛況のうちに終了しました。

 

開会宣言(井原学科長)

開会宣言(井原学科長)

学長挨拶

学長挨拶

松本秀男先生による基調講演

松本秀男先生による基調講演

大学院生発表(本澤実千成さん)

大学院生発表(本澤実千成さん)

大学院生発表(草川祐生さん)

大学院生発表(草川祐生さん)

卒業生によるパネルディスカッション

卒業生によるパネルディスカッション

参加者風景

参加者風景

発表者のみなさま

発表者のみなさま