工学系クラブ「ロボラボ」WRO2017参戦チームが宇都宮市長を表敬訪問しました

2017年12月21日

2017年12月18日(月)、帝京大学宇都宮キャンパスの工学系クラブ「ロボラボ」のWRO(World Robot Olympiad)2017参戦チームが、宇都宮市長 佐藤栄一氏を表敬訪問しました。

初めに顧問の本学理工学部長・教授 波江野勉と理工学部情報電子工学科教授 蓮田裕一からWRO2017 コスタリカ大会の様子を示した画像をもとに、コンテストのルール説明や競技の展開を報告しました。

部長で参戦チームのリーダーでもある宇賀神理恵さん(経済学部2年)から「世界第3位」に入賞した喜び、尾崎慶悟さん(理工学部2年)からは太陽光の当たり具合などの日本とは違う環境での調整の難しさ、メカ担当の高橋大地さん(理工学部1年)からはロボットの今後の改善点と次年度への抱負が語られました。

最後に、佐藤市長から暖かい激励の言葉をいただき、宇賀神部長から次大会のWRO2018タイ・チェンマイ大会では、今大会以上の成績をめざし上位入賞することが宣言されました。

 

関連リンク

 

当日の様子01

当日の様子02