小川研究室が「メディカルクリエーションふくしま2017」に出展しました【理工学部】

2017年10月31日

2017年10月25日(水)~26日(木)、ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)にて開催された医療機器・製造の展示会「メディカルクリエーションふくしま2017」(メディカルクリエーションふくしま実行委員会主催)に、帝京大学理工学部情報電子工学科(宇都宮キャンパス)の小川充洋研究室(理工学部情報電子工学科講師 小川充洋)が出展しました。小川研究室の出展は、昨年に引き続き2度目となります。

 

当研究室のブースは「産学連携ゾーン」内に設置され、「デジタルゲーム中の生体計測・心理ストレス解析技術」、「色覚バリアフリーサポート用のスマートフォンアプリ」、「シリアスゲームやゲーミフィケーションによるヒューマンサポートの試み」などの研究成果が展示され、多くの方々に訪れていただきました。ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

小川研究室では、医工学・医工連携・福祉工学・ゲームサイエンスなどの分野での技術的質問や共同研究、受託研究などを引き受けています。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04