2017年度第4回機械セミナーを開催しました【理工学部】

2017年07月03日

2017年6月29日(木)、帝京大学宇都宮キャンパスにて、本学理工学部機械・精密システム工学科主催による2017年度第3回機械セミナーを開催しました。

2017年度からは、前・後期通年で計8回の授業として開催されます。

今回の講師は、同学科教授 磯貝毅と教授 頃安貞利で、下記のテーマで開催されました。

 

■『金属疲労とは何か?-多軸疲労試験の紹介とともに』:磯貝毅 教授

■『消失模型による鋳造法』:頃安貞利 教授

 

今回のセミナーは、授業に直接関連深い材料系の内容であり、約30名の学生は非常に熱心に聴講していました。

 

当日の様子01