理工学部機械・精密システム工学科の附属実習工場に高性能CNC旋盤を設置しました

2017年03月30日

2017年3月13日(月)、帝京大学理工学部機械・精密システム工学科の附属実習工場に、最先端・高性能のCNC旋盤(滝澤鉄工所製)を設置しました。

この機械は、2016年度の文部科学省私立大学改革総合支援事業選定校対象研究装置補助金(タイプ1)を活用し、導入された教育研究装置で、コンピューターの演算能力を利用し、各種金属を予めプログラムされた形状に加工していくものです。この装置が設置されたことで、従来できなかった複雑な曲線についても高精度で加工することが可能となり、宇都宮キャンパスの特色である、ものづくり教育推進に更に貢献できるものと期待されます。2014年・2015年度に設置した「3軸マシニングセンタ」「平面研削盤」とあわせて操作に習熟することで、宇都宮キャンパスのさまざまな学部学科での実験実習および卒業研究で使用することが可能となります。在学時から高精度・高品質の部材加工技術を取得することができるので、卒業後に高技能技術者として即戦力で活躍することが期待できます。

 

CNC旋盤