人工流れ星プロジェクト「SHOOTING STAR challenge」に帝京大学が参画します

2017年03月09日

2017年2月9日(木)に始動した人工流れ星プロジェクト「SHOOTING STAR challenge」に帝京大学が参画し、施設開放および技術協力を行います。

 

「SHOOTING STAR challenge」とは、株式会社ALE(本社:東京都港区)が進めているプロジェクトで、特殊な素材の流星源を大気圏外の軌道上から所定の方向に精密に放出し、大気圏に再突入させることにより、希望する時間、地域の夜空に自在に流れ星を発生させることをめざすものです。現在、装置(放出装置・供給装置)と、流れ星の素となる流星源の開発が行われており、人工衛星の打ち上げを2018年、イベント実施を2019年に予定しています。

本学の他に首都大学東京、日本大学など複数の大学、企業等が技術協力を行っており、本学は、専門メーカーで開発された放出装置の各種試験・性能測定や、衛星内部で流星源を供給する装置の開発研究などを担当します。

 

本プロジェクトが実現すると、流れ星や流星群が人工的に作れるほか、素材や飛んでくる方向をあらかじめ定めた人工流れ星の観測をもとに、宇宙から届く流れ星の研究精度の向上や高層大気についての研究伸展が期待されます。

 

SHOOTING STAR challenge