豊郷中央小学校の4年生とその保護者を対象とした星空観望会を開催しました

2017年02月15日

2017年2月11日(土)、帝京大学宇都宮キャンパスは、栃木県宇都宮市立豊郷中央小学校の4年生とその保護者を対象とした、星空観望会を開催しました。この企画は、帝京大学宇都宮キャンパス天文部を中心に、星の動きや月の観察を習い始めた小学4年生に、星空にもっと興味を持ってもらいたいという目的のもと、豊郷中央小学校の地域連絡協議会の主催で行われました。

まず、参加した児童とその保護者は本学学生による冬の星座のレクチャーを受けて、その後、小学校のグラウンドにて観望会を行いました。当日は天候も良く、非常に大きな満月を観察し、他にも、金星と火星、冬の大三角などを観察することができました。天体観察後のクイズ中盤には宇都宮キャンパスオリジナルキャラクター「うってぃ」も一緒に参加し、児童に大人気でした。この星空観望会での体験が、児童たちの「自然科学への関心」を養い、親子で夜空を見上げる機会が増える事につながればと思います。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06