栃木県立真岡北陵高等学校1年生を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました

2016年12月21日

2016年12月16日(金)、帝京大学宇都宮キャンパスは、栃木県立真岡北陵高等学校生物生産科1年生40名を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました。模擬体験講座では、「地域ブランド・シティプロモーション入門」を受講しました。グループに分かれ、栃木県のブランドイメージについてお互いの考えを発表し合い、地域ブランド・シティプロモーションをつくり上げることの意味を分かりやすく学びました。その後、バイオサイエンス学科の研究室や温室を見学しました。

今回のサイエンスキャンプが、今後の学習意欲の向上や進路選択、さらには、農業が加工・流通事業なども取り込んだいわゆる六次産業化を図っていく上の参考になればと思います。

 

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

栃木県のブランドイメージは?を話し合う

栃木県のブランドイメージは?を話し合う

バイオサイエンス学科研究室についての説明を聞く

バイオサイエンス学科研究室についての説明を聞く

温室でイネのホルモンの働きを聞く

温室でイネのホルモンの働きを聞く