茨城県立多賀高等学校1年生を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました

2016年12月09日

2016年12月6日(火)、帝京大学宇都宮キャンパスにおいて、茨城県立多賀高等学校医療系進学希望1年生40名を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました。

参加生徒は、大学概要説明の後、柔道整復学科の講義「テーピング講座」を受講しました。2人1組になり、足関節捻挫予防・応急処置のためのテーピングの方法を体験しました。その後、「骨・関節損傷治療」の授業見学と、柔道整復学科施設「歩行時の動作解析機器」の体験を行いました。

生徒たちはとても真剣に帝京サイエンスキャンプに参加されており、この体験が将来の進路選択の参考になればと思います。

 

「足首捻挫防止のためのテーピング」体験

「足首捻挫防止のためのテーピング」体験

「骨・関節損傷治療」の授業見学

「骨・関節損傷治療」の授業見学

「歩行時の動作解析機器」の体験

「歩行時の動作解析機器」の体験

体験後「歩行中における体への負担」を学ぶ

体験後「歩行中における体への負担」を学ぶ