インドネシアの協定校アトマジャヤ大学のSutanto教授による特別講演会を開催しました

2016年12月05日

2016年11月20日(日)~26日(土)、帝京大学宇都宮キャンパスに、本学と大学間交流プログラムを締結しているインドネシアのアトマジャヤ大学から、同大機械工学部のSutanto教授が来日され、教職員および学生を対象に特別講演会を開催しました。

特別講演会はSutanto教授が専門とする「バイオ・ディーゼル燃料」や「ジャカルタに於ける燃料品質と排出ガス」、また「インドネシアの自動車事情」についてお話しいただきました。講演会のほかに、研究設備見学や技術協議を行い、アトマジャヤ大学と本学間の交流も図りました。さらに、Sutanto教授の指導を受けた留学生が本学大学院に在学しているため、学生達との交流を深めるなど充実した1週間となりました。

この交流プログラムでは既に、学生間の交換留学は2度、帝京大学からの教員派遣を3度実施していますが、今回の講演会開催を通じ、大学間交流がますます盛んになることが期待されます。

 

アトマジャヤ大学のSutanto教授

特別講演会後の記念撮影

機械・精密システム工学科棟での研究説明