栃木県立真岡北陵高等学校2年生を対象とした「帝京サイエンスキャンプ」を行いました

2016年10月31日

2016年10月27日(木)、帝京大学宇都宮キャンパスにて、栃木県立真岡北陵高等学校農業機械科の2年生38名を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました。

理科実験講座では、「ハイブリッド自動車の構造と作動の理解」の講義を実施し、ハイブリッド自動車のモーターのしくみやその原理についての実験を行いました。その後、オートモビル・テクノロジー・センター(ATC)の施設を見学しました。

普段機械の専門を学んでいる生徒は、今回のサイエンスキャンプに大変興味関心を持ったようで、今後の進路選択の参考となる機会となりました。

 

当日の様子1

バッテリーの原理についての実験

当日の様子2

コイルを巻いた筒に磁石を入れると・・・

当日の様子3

実習施設についての説明