さくら清修高等学校を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました

2015年10月23日

2015年10月20日(火)、帝京大学宇都宮キャンパスで栃木県立さくら清修高等学校1学年理系進学希望者39名を対象とした帝京サイエンスキャンプを行いました。

宇都宮キャンパスを中心とした大学説明の後、格納庫と3D立体映像の施設見学を実施。本物のT-2、T-3練習機のコックピットに試乗をしたり、立体画像が見えるしくみを学習しました。その後、学生食堂での昼食体験をし、体験講義「夢の実現に向けて」を受講しました。ワークシートや株式会社植松電気専務取締役植松努氏の「『どうせ無理』を『だったらこうしてみたら?』に」という講演会(ユーチューブ)を視聴し、将来の夢を実現させるために必要なことについて学びました。

このサイエンスキャンプを通して、大学に対するイメージがより身近なものとなり、今後の進路選択に役立つ一日としていただきました。

 

当日の様子1

体験講義「夢の実現に向かって」

当日の様子2

格納庫でのT-2高等練習機の説明