帝京サイエンスキャンプが行われました

2015年08月25日

2015年8月24日(月)、帝京大学宇都宮キャンパスにて國學院大學栃木高等学校2年理系進学コース56名を対象とした帝京サイエンスキャンプが行われました。

当日は、理科実験講座として「3DCGの仕組み」「夢が広がる超電導」を実施。参加者は希望する講座に分かれ体験しました。

「3DCGの仕組み」では、私たちの身近なところに使用されているCGがどのような仕組みでつくられるのかをアプリケーションを使用し体験しました。また「夢が広がる超電導」では、液体窒素で-196℃に温度を下げると永久磁石を並べた軌道上をコースターが浮上し、軌道からそれることなく回る現象を実際に体験し、超電導原理を利用した高温超電導技術の開発について学びました。

今回のサイエンスキャンプでは高校で体験できない実験を行うことで、理科実験の醍醐味を味わうことができました。その後、希望者によるバイオサイエンス学科の研究室や設備の見学を実施しました。

 

当日の様子1

「3DCGの仕組み」を学ぶ 

当日の様子2

「夢が広がる超電導」軌道上を浮上し旋回するコースター

当日の様子3

バイオサイエンス学科の温室見学