第23回いたばし産業見本市に出展しました【知的財産センター】

2019年11月15日

2019年10月31日(木)・11月1日(金)、板橋区立東板橋体育館(東京都板橋区)にて開催された第23回いたばし産業見本市・製造と加工技術展2019に帝京大学知的財産センターが出展しました。

本イベントは、板橋区が区内を中心に優れた製品・技術を持つ企業・団体の製品や技術をPRし、参加者や他の出展者と交流するビジネス展示会として毎年開催しているものです。今年は100を超える企業・団体が出展し、2日間で2,223人が来場しました。

ブースでは本センターの紹介とともに、本学発の産学連携開発商品や研究シーズの紹介を行い、企業や研究機関の方だけでなく、地元の方や卒業生など、多くの方に来訪いただきました。また、医療技術学部視能矯正学科講師佐々木 翔による、自分の眼鏡を傷つけずにレンズを覆って視力検査ができる新たな遮閉板の展示も行い、訪れた人を惹きつけました。

本学は今後も産学連携や、板橋区との連携に積極的に取り組んでいきます。

 

当日の様子11

当日の様子12

当日の様子13