グローバルフェスタJAPAN 2019に出展しました【公衆衛生学研究科】

2019年10月08日

2019年9月28日(土)~29日(日)、お台場センタープロムナード(東京都江東区)で開催されたグローバルフェスタJAPAN2019に、帝京大学大学院公衆衛生学研究科の教員および学生がブースを出展しました。

本イベントは、国際協力活動、社会貢献活動、SDGsなどに取り組む官民さまざまな団体が一堂に会する国内最大級の国際協力イベントで、29回目の今年は、「Cheer up the world"あなたのチカラを、世界に」をテーマに約18万4000人の来場がありました。

260を超える出展者による展示・活動報告・各国のフードコーナーを始め、多数のゲストが出演するステージや体験イベントを通して、 楽しみながらグローバルな活動や参加の機会を知ることができます。

本学のブースは、実際に国際協力にかかわっている学生、医療系の知識を持つ学生、青年海外協力隊経験者らが、多数参加し握力を計ったり、片足立ちに挑戦したりするなどの簡単な体力テストを通して筋肉量について意識する機会を提供していました。また、公衆衛生学や帝京大学大学院自体に関心を寄せてくれた来場者に対しては、ハーバード特別講義開催のご案内や研究内容の説明も行いました。

天候に恵まれ、高校生・大学生、小さな子どもと一緒の家族連れやご年配の方に至るまで、さまざまな年齢層の来場者がいましたが、積極的に声かけを行う本学教員と学生の笑顔に引き込まれて、ブースの前で足を止める人が多く、イベントを一つのきっかとして、お互いに情報交換を行うなど国際協力の和が広がるよい機会となりました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子

当日の様子