本学学生と教員が義守大学で行われたシンポジウムに参加しました【医療技術学部】

2019年10月07日

2019年9月28日(土)、帝京大学医療技術学部診療放射線学科の学生と教員が、義守大学(台湾・高雄市)で開催されたシンポジウム「The 14th International Symposium of Medical Imaging and Radiological Sciences」に参加しました。本学と義守大学は、2014年に学術交流協定を締結して以来、相互にキャンパスの視察を行うなど、活発に交流しています。

今回のシンポジウムへの参加は、両大学の人的交流をさらに深めることを目的として、本学医療技術学部診療放射線学科教授 岡本孝英と義守大学診療放射線学科教授 陳泰寶氏の協議によって実現しました。当日は、同学科の学生による英語での口述発表や岡本教授の基調講演が行われました。また、学生を指導した同学部学科教授 大谷浩樹には義手大学より賞状が贈られました。

今後、両校の交流がより一層発展することが期待されます。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04