安山江西高校がキャンパス見学を行いました

2019年02月07日

2019年1月23日(水)、帝京大学板橋キャンパスに安山江西高校(韓国)の生徒が来学し、キャンパス見学を行いました。

安山江西高校は本学グループ校である帝京高等学校の姉妹校であり、例年、帝京高等学校にて同校からの留学生を1年間受け入れるなど、活発な国際交流を行っています。

今回のキャンパス見学は、安山江西高校の中でも日本の医療系大学への進学意欲が高い生徒を対象とした進学ガイダンスの一環であり、日本の医療教育環境に触れてもらうことを目的として行われました。

当日は、本学薬学部に在籍する韓国人留学生から日本の大学へ留学を決めた理由や学生生活について体験談を話す時間を設け、その後、薬学部の多目的実習室や看護学実習室、約22万冊の医療専門書を擁する医学総合図書館の見学などを実施しました。

帝京大学は、今後もグループ校一体となった国際交流の実現に向けて努めていきます。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06