栗原教授が「日本私立薬科大学協会 教育賞」を受賞しました【薬学部】

2018年12月19日

帝京大学薬学部教授 栗原順一が「2018年度一般社団法人日本私立薬科大学協会 教育賞」を受賞しました。それに伴い、2018年11月27日(火)、アルカディア市ヶ谷私学会館(東京都千代田区)にて行われた日本私立薬科大学協会第2回通常総会において、表彰状と楯が授与されました。同賞はわが国の薬学教育に多大な貢献をし、その進歩と発展に特に功績があった者に授与されます。

栗原教授は、「6年制薬学教育プログラムの第三者評価への貢献、6年制薬学教育に基づく新制度下での薬剤師国家試験の立ち上げへの貢献、病院・薬局実務実習の効果的な実施を目的とした指導薬剤師養成への貢献」などが評価されての受賞となりました。

これからも帝京大学は、教育機関としての責任を果たし、薬学教育の発展に尽力してまいります。本賞の詳細は下記をご覧ください。

 

当日の様子01

当日の様子02